インターネット収入初心者さんはiesのグループ活動が最適!みんなで楽しく学び、スピード成功を体験!

記事の見出しデザインをカスタマイズして、WordPressブログ記事をスッキリ見やすくしよう!-前編-

OpenClipart-Vectors / Pixabay

どうも!塾長のカイエンです。

今日は、ブログ記事をこれまで書いてきて、記事作成にも慣れてきたらやってみたいことについて書きます!

まだ、記事を書くことに慣れていないなら、このことについては今は気にしなくても大丈夫!

でも、少し慣れてきたら、ぜひやっておきたい作業ですので、

ぜひご覧になってください!

まずは記事作成に慣れること大事!

ブログやサイトを作り始めた頃って、

”デザインをかっこよくしたい!可愛くしたい”

そう思うことがありませんか?

 

ライティング技術も大事、見栄えも大事。

そう思うことは正解ですが・・・

アフィリエイト活動をしていく上で大事なことは

情報のインプットとアウトプットです。

記事の中身についての情報を自分にインプットすること、

そして、インプットした内容をアウトプット(記事投稿)すること、

そしてさらにたくさんの方に見てもらえるようになることが、

アフィリエイトで成果を出していくための大前提ですね!

 

 

 

 

ちょっと慣れてきたから、ネクストステップ行ってみよう!

いくつか記事を書き、記事を書くことには慣れてきた!

記事を作る時に一手間入れてみようかな?

そう思う方もいると思います!

 

私も、そう思い始めました。

じゃ、一緒にネクストステップ行っちゃいましょう!

 

読んでくれる人へ心がけたいこと!

記事を作成する際に、心がけていきたいこと。

それは、読んでくれる人が読みやすいと思ってくれることが一つとしてありますね!

読みにくい、見づらい記事だと、

せっかく気になって遊びに来てくれたのに、

記事を最後まで読んでもらえず、成果へ繋がらないことがあります。

 

読みやすくするにはどうすれば良い?

 

記事を読みやすくするには、

改行を使ったり、見出し・小見出しをつけることで

記事の見栄えはガラッと変わり、

読みやすくなりますよ!

では、次に見出しについて解説していきます。

 

そもそも、見出しって何?

そんなこと知ってるよ!という方もいるかと思いますが、

塾メンバーへの紹介も兼ねていますので悪しからず・・・

記事の内容を、いくつかの塊に分けて、

何のことについて言っているか区切っていきます。

長い文章がダラダラと続いてしまうと、

どうしても読みづらく思ってしまいます。

 

それを、いくつか区切ることで

読む人がリズムよく読んでもらえるように心がけていきたいですね!

さらには、記事の最初に目次がついている記事をたまに見かけますが、

見出しを一箇所にまとめて目次として作るのも一つの手ですね!

これはまたの機会に記事書きますね!

 

見出しを記事につけるには?

では、見出しをつけるには実際どうしたら良いか?

まず、WordPressで記事を作成する際に、ビジュアルモードにします。

見出しにしたい文字を選択し、ツールバーの中にある”段落”のところで、見出し3や、見出し4など選びます。

2016-0920_%e8%a6%8b%e5%87%ba%e3%81%97%e3%81%a4%e3%81%91%e6%96%b91

もしご自身のWordPressでプラグインの”TinyMCE Advanced”をインストールしている場合は、スタイルを選びます。

すると、以下のように文字フォントサイズが見出し番号によって変わります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-20-20-36-33

テキストモードで確認すると、このタグが自動で入ります。

<h1>は見出し1のことですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-20-20-36-45

 

 

見出し番号は6まで設けてあります。

ここで、見出し1、2など番号の意味についてです。

 

見出しって必要?何か効果あるの?

必要だと思った方が良いです。

記事を見ているのは、もちろん読んでくれる人は良いですが、

人だけではありません。

実はインターネット上を徘徊している検索エンジンのロボットさん達も見ています。

見出しタグを適切に使うことで、そのページの文章構成が適切であるとされます。

そうすることで、SEO対策に重要と言われています。

 

見出し番号って、どこに何を使っても良いの?

では、見出し番号の使い方についてですが、

文章中で、適当に使って良いかというと、そういいうわけではありません。

見出しを使う場合は以下を守っていきましょう!

記事構成と合わない使い方をしない!

見出し1(<h1>)は1ページに1つ。

見出しの順番は守る。

 

これらは、必ず注意していきましょう。

 

見出し番号の正しい使い方は?

記事構成を考えた時に、順番通りに行くように番号をつけていきましょう。

つまり、h1の次は、h2。

h2の次は、h3。

といった様に、順番通りにつけることが望ましいです!。

 

では、見出し番号6までしか作れない?

そういうわけではありません。

では、このブログを例として解説します。

・<h1>

ブログタイトルとして使います。

ここで言えば”カイエン塾 公式ブログ”が当てはまります。

・<h2>
投稿記事のタイトル
ここの”記事の見出しデザインをカスタマイズして、WordPressブログ記事をスッキリ見やすくしよう!”になりますね!

・<h3>~<h6>

これが、記事内の見出しに使っていきやすいタグになります。

記事内で◯◯という見出し3<h3>を作り、それをもっと細かくしたい時に<h4>以降を使います。

ただし、<h3>以降は何度も繰り返して良いです。

例)
<h3>
—<h4>
—<h4>
——<h5>
——<h5>
<h3>
—<h4>

目次風に説明すると

1.◯◯
1-1.△△
1-1-1.XX

2.◯◯
・・・

のイメージです。

というように、<h3>に戻ることは可能としていますので、

記事内の基準を<h3>から始めると良い記事構成になりますね!

目立たせたいからと言って、無意味に<h1>や<h2>を使っていくことは、

SEO対策として得策ではありません。

私は<h3>以降を使うようにしたいと思います。

 

他のブログやサイトを見ると、オシャレな見出しにしている人がいるけど・・・

はい、そうなんです。

↑で見出しのサンプル画像を見せましたが、

デフォルトは文字の大きさが変わるだけなんです。

それだと、スッキリした感じが出せないじゃないか・・・

そう思った方もいるかもしれません。

ということで、次回はオシャレな見出しを作ってみようをテーマにしたいと思います!

 

読んでくれたら、クリックで応援教えて下さい!

↓↓↓↓↓

初心者・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

 

 

私も、エックスサーバーを借りて、WordPressでブログ作ってみようかな?

という方はこちらから!

↓↓↓↓↓
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

 

The following two tabs change content below.
塾長のカイエンです。 生まれは九州は長崎県、今は神奈川在住です。 名の通り、カイエンに乗ることを夢見てインターネットビジネスにも取り組んでいます! 趣味は、ジム、クロスバイク、音楽(洋楽)です。 その他、サッカー、犬、お酒、美味しいものが好きで、よく食べ飲み歩きもします。 これからの時代、自分で稼げることが大事になってくると思い、 日々努力、勉強、実践で現在活動中です。 自分が勉強になったこと、気になったことなどブログ書いていきます。 一緒に頑張れる仲間も募集中です!宜しくお願いします。

関連記事

コメント

  1. こんにちは!
    ブログの記事に見出しをつける!

    勉強になりました。
    今後読みやすいように参考にさせていただきます。
    応援させていただきます。

CAPTCHA


たくさん交流を楽しもう!

無料!初心者はまずコレ!

有料級を無料で覗く!

脱初心者!プチリッチへゼロスタート

期間限定募集!

SEOといえば賢威

脱ノウハウコレクター!

風花初芽で成果を!

Infotopおすすめランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。